成長ホルモンの分泌を促す食事方法

成長ホルモンの分泌を促す食事方法

成長ホルモンは健康だけでなく、美容にも欠かせない成分です。成長ホルモンは体内で作られる成分ですが、普段の食生活を一工夫することで分泌を促すことができます。今回は、成長ホルモンの分泌を促す食事方法をご紹介します。

 

お腹を減らしてから食事をする

 

現代社会において、欲しい時に食べ物を手に入れることは簡単なことです。しかし、間食やだらだら食いは、成長ホルモンの分泌を阻害してしまいます。

 

成長ホルモンは食事をすることで分泌されますが、上手く分泌させるためにはお腹を減らしてから食べる、といった方法が有効です。

 

規則正しい食生活を意識し、なるべく間食は控え、お腹が減るように適度に身体を動かすようにしましょう。

 

疲労時にはチョコレートやココアを摂取する

 

チョコレートやココアには、原材料にカカオが使用されています。カカオにはフラバノールという成分が含まれています。フラバノールは血管皮細胞に働きかけ、体内で一酸化窒素を増やす効果があります。

 

この一酸化窒素は成長ホルモンの分泌を促進させる働きがあり、更に疲労時に摂取することで疲労回復効果が期待できます。

 

疲れた時はチョコレートやココアといった、カカオが使用されている食品を摂取し、疲労回復と成長ホルモンの分泌を促しましょう。

 

アミノ酸を摂取する

 

アミノ酸の一種に、アルギニンという成分があります。このアルギニンは、摂取することで成長ホルモンの分泌をサポートする働きがあります。

 

アルギニンが含まれているアミノ酸を意識して摂取することで、体内での成長ホルモンの分泌を自然に促すことができます。

 

この成分が多く含まれている食品としてあげられるのが、納豆や豆腐などの大豆食品、鶏肉、ごま、ナッツ類です。いずれも手に入れやすい食品なので、他の食品とのバランスを見ながら意識して摂取するようにしましょう。