成長ホルモンの分泌には睡眠が重要!

成長ホルモンの分泌には睡眠が重要!

成長ホルモンが一番分泌されるのは、寝始めてから3時間と言われています。睡眠の質を向上させることは、成長ホルモンの正常な分泌に繋がり、健康や美容に大きな影響を与えます。今回は、成長ホルモンを分泌させるための睡眠方法をご紹介します。

 

寝る直前にテレビやスマホ、パソコン画面を見ない

 

テレビやスマホ、パソコン画面から発生するブルーライトは、目に入ると脳を活性化させてしまい、眠りにつきにくくなってしまい、睡眠の質を下げてしまいます。寝る直前はこれらの画面を見ないようにしましょう。

 

つい寝ながらスマホを弄ってしまう習慣がある方は多いと思いますが、連絡などの用事は寝る前に全て済ませておき、寝るときは寝るという線引きをしっかりつけましょう。

 

寝る前の飲食は避ける

 

寝る直前に飲食をすると、消化器官が活性化してしまい睡眠が浅くなってしまいます。また、寝ている間も消化器官は働きっぱなしになってしまうので、身体が休まらず充分な休息が取れません。

 

飲食は寝る2時間前までに済ませておき、寝る前は固形物は避け、少量の水分を摂取するだけに留めておきましょう。

 

昼寝のしすぎに注意

 

昼寝をし過ぎてしまうと、眠気が吹き飛んでしまい、夜に中々寝付けなくなってしまいます。夜の睡眠は成長ホルモンの分泌だけでなく、体内時計をリセットするためにも重要なものです。

 

どうしても眠くて昼寝をする場合は、30分程度にしておきましょう。それ以上の昼寝は夜の就寝に影響が出てしまいます。