成長ホルモンの分泌が阻害される原因

成長ホルモンの分泌が阻害される原因

成長ホルモンの分泌は、正常であれば思春期を中心に多く分泌され、その後加齢と共に分泌量は低下していきます。

 

しかし、まれに成長ホルモンが分泌されず、身体に大きな悪影響が出ることがあります。成長ホルモンが分泌されないのは、一体何が原因で起こるのでしょうか。

 

分娩障害

 

子供の成長ホルモン分泌異常の原因として考えられているのが、分娩以上です。骨盤分娩や仮死などが原因と言われていますが、何故そのようなことが起こるのか、詳しい原因は未だ不明です。

 

分娩障害で起こった成長ホルモンの分泌不足は、その後の子供の発育に大きな影響を与えます。主に現れる症状が、身長が伸びない低身長というものなので、異常を感じたらすぐに病院へ行きましょう。

 

脳機能の異常

 

成長ホルモンが分泌されるのが脳下垂体前葉という部分です。脳腫瘍や髄膜炎などの脳周辺の異常が原因で、脳下垂体前葉から成長ホルモンの分泌が阻害されることがあります。

 

これらは脳に関わる他の病気を治療することが求められるので、成長ホルモンの分泌のための治療を行いながら、脳機能改善のための治療も行わなければなりません。

 

遺伝性

 

遺伝性は、成長ホルモン遺伝子の異常で起こるものです。これはかなり稀なケースで、両親の遺伝子が子供の身長の伸びに与える影響は約3割程度とされています。

 

遺伝性のケースでも、治療は可能です。病院で適切な診断を受け、治療を受けましょう。子供の症状の発症は両親や周りのケアが重要となります。子供の負担をなるべく減らすように意識し、医師の指導の元正しい治療を行いましょう。