成長ホルモンとは

成長ホルモンとは

身体を成長させるために必要不可欠な成分に「成長ホルモン」というものがあります。成長ホルモンは、身体にどのような効果があるのでしょうか。

 

成長ホルモンとは

 

成長ホルモンは体内で生成される成分で、脳下垂体前葉から分泌されるたんぱく質で作られているホルモンです。

 

成長ホルモンと一言でまとめてもその種類は100種類以上あり、身体中で様々な働きを担っています。この働きによって、人間の身体は正常に保たれています。

 

成長ホルモンの役割として、文字通り身体を成長させる働きと、体内の物質をエネルギーに変換して身体を動かすという重要な働きがあります。成長期の子供だけでなく、成人後にも必要不可欠な成分なのです。

 

幼児期の成長ホルモンの働き

 

幼児期の成長ホルモンの働きは、身長を伸ばす、筋肉の発達、代謝の促進があげられます。この時に成長ホルモンが少ないと、身長が伸びず低身長と診断されてしまいます。

 

また、筋肉の発達は身体を動かす上で重要な要素となります。充分な筋肉の発達が行われなければ、身体を満足に動かすことができません。

 

青年期以降の成長ホルモンの働き

 

身体が育った青年期以降も、成長ホルモンは身体に重要な役割を果たします。その働きが、代謝能力を促すというものです。

 

代謝能力の促進は、免疫力の向上、細胞の修復といった健康な身体の土台作りに欠かせない働きです。

 

加齢と共に成長ホルモンは減少していき、これが老化へと繋がります。成長ホルモンの分泌を促すためには、規則正しい生活習慣、バランスの取れた食生活、適度な運動といった基本的なことが一番重要です。

 

それでも足りないという場合は、成長ホルモンの経口摂取という方法があります。近年開発された医薬品で、老化抑制に大きな効果が期待できます。