成長ホルモンはアンチエイジングにも効果的!

成長ホルモンはアンチエイジングにも効果的!

身体の内側からアンチエイジングをしたいという方は、成長ホルモンの分泌を促しましょう。

 

成長ホルモンとは?

 

成長ホルモンは脳の下垂体前葉から分泌されるホルモンの一種で、代謝能力のアップや身体の各部位の組織成長を促します。特に成長期の子供時代に多く分泌され、身長を伸ばしたり筋肉の発育を促します。

 

このうち、アンチエイジングに重要なのが代謝能力のアップですが、加齢と共に成長ホルモンの分泌は減少してしまいます。

 

成長ホルモンとアンチエイジングの関係性

 

代謝能力のアップは、肌の老化防止に繋がります。代謝能力がアップすることにより肌のターンオーバーが促され、シミやシワのある古い肌を新しい肌に作り変えることができるのです。

 

また、肌のハリを維持する水分保持量も成長ホルモンが深く関わっています。加齢と共に肌の水分保持量は低下し、皮下組織にある水分含有率は60歳以上になると60%以下に低下してしまいます。

 

水分を保持するためにはヒアルロン酸が必要となります。成長ホルモンは、ヒアルロン酸を作り出す繊維芽細胞の働きを活性化させ、ヒアルロン酸を作る力を上昇することができます。

 

加齢と共に乱れがちなボディラインも、成長ホルモンによって整えることができます。成長ホルモンには脂肪を分解する働きがあり、体内での分泌を促すことによりダイエット効果が期待できるのです。

 

歳を取ると運動しても痩せにくくなってしまいますが、身体の内側から有効成分を分泌させ作用させることで、綺麗なボディラインを作ることができます。