成長ホルモンの注射には副作用がある?

成長ホルモンの注射には副作用がある?

成長ホルモン不足が深刻な場合、病院で行う治療は成長ホルモン注射が中心となります。しかし、治療を受ける際に気になるのが副作用です。今回は、成長ホルモン注射での副作用についてご紹介します。

 

治療初期には一時的な副作用が起こる

 

成長ホルモン注射に使用する注射針はとても細く短いので、治療時に痛みを感じることは少ないと言われています。このため、子供にも負担が少なく注射することが可能です。

 

ただし、治療後は初期に副作用が出ることがあります。主な副作用としてあげられるのが、注射した部分の痛み、身体中にできる発疹、頭痛があげられます。

 

稀に酷い症状で、痙攣や吐き気、精神的不安感、食欲不振といったことも起こります。このような症状が出た場合、すぐにかかりつけの病院へ行き医師に相談しましょう。

 

ガンの発症率の上昇

 

成長ホルモンによりガン細胞が刺激され、注射をし続けることで将来的にガン発症率が高くなる恐れがあります。

 

しかし、これは個人差があります。注射をしてもガンにならないこともありますし、結果的にガンを発症してしまうこともあります。病歴や自身の健康面で気になるという方は、治療前に医師に相談してみましょう。

 

注射部分の皮膚の変化

 

治療は注射で行われますが、場合によっては長期間の治療が必要になります。すると注射する箇所も多くなり、同じ個所に注射し続けることによりその部分の皮膚が硬くなったりへこんでしまう場合があります。

 

これを防ぐためには、毎回注射する部分を変えて、皮膚が元通りになるまで様子を見ましょう。