成長ホルモンが一番分泌される時間はいつ?

成長ホルモンは、代謝を促したり、子供の正常な発育に重要な役割を果たしているホルモンの一種です。
成長ホルモンの分泌は健康に繋がります。しかし、成長ホルモンは常に分泌されているものではなく、一番分泌される時間帯があります。この時間帯に成長ホルモンの分泌を正常に行うことが重要となります。

 

成長ホルモンはいつ分泌される?

 

成長ホルモンが一番分泌されるのは睡眠時間中です。特に、寝始めて3時間ほどが分泌のピークと言われています。

 

夜の10時から夜中の2時はお肌のゴールデンタイムと言われていますが、これにも成長ホルモンが関わっています。この時間帯に寝ることで、成長ホルモンの分泌を促すことができるのです。

 

この時間帯に寝るのが良いとされている理由は、体内時計を適切に保つために一番バランスの良いためです。寝始めて3時間後に成長ホルモンは分泌されますが、この時間帯にしっかりと寝ることで体内時計を正常に保ちながら成長ホルモンの分泌ができます。

 

寝ている間に成長ホルモンを分泌させるためには

 

ただし、夜の10時から2時に寝る習慣を付けても、眠りが浅かったり眠りの質が悪いと、成長ホルモンの分泌が阻害されてしまいます。成長ホルモンの分泌には良質な睡眠が必要です。

 

そのためには、寝る前にカフェインを摂取しない、スマホ画面やパソコン画面を見ない、激しい運動や大量の飲食をしない、ということが重要です。これらは身体を覚醒させてしまいます。

 

湯船でしっかり身体を温めたり、寝る前の軽いストレッチは身体を眠りやすくしてくれるので、眠りの質を上げるために習慣付けていきましょう。